長距離 引越し 見積もり

長距離引越しの相場と最も安い業者を知る方法

長距離 引越し 安い

長距離 引越し 最も 安い

遠距離 引っ越し 安い

長距離 引越し 格安

長距離 引っ越し 1番 安い

 

長距離の引越し予定がありますか?

 

長距離だと引越し費用もかなりかかるので、損をしないためには相場を知っておきたいところです。
でも、相場を知るには複数の引越し業者から見積もりを取らなければなりません。

 

以前はこれがとても面倒だったのです。
引越し業者を探して電話して家に来てもらって見積もりを取ってもらいます。
これを何度も繰り返して、複数の見積もりが出そろったところで比較し、業者を決めるというものでした。

 

でも今は引越し業者一括見積もりがあります。

 

長距離 引越し 安い

 

 

1度の情報入力で、最大10社からの見積もりが簡単に取れるのです。
大手から地元の業者まで、200社以上が参加していますので最安値の業者を探すのにも便利です。

 

 

引越し業者によっては実際に立ち合って見積もりしたいというところもあります。引越し業者は部屋を見るとだいたいどのくらいのダンボールが必要で、トラックが必要なのかがわかるといいます。より正確な費用を知りたいなら、立ち合い見積もりの日を決めておくと話がスムーズです。

 

部屋だけでなく、物件にエレベーターがあるのかとかトラックは横付けできるかなどいろいろな項目があり、引越し費用は大きく変わります。
引越し業者一括見積もりを賢く活用して、最安値での引越しを目指してください!

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

 

 

 

引越し相場と繁忙期

 

引越し相場と繁忙期

 

引越しには1年で最も忙しい時期がありこの時期を繁忙期と呼び、その他の月を通常期と言います。

 

繁忙期とは3月前後で、この時期は新大学生や新社会人、人事異動で転勤するサラリーマンと人が一斉に動く時期なのです。
どこの引越し業者も当然大忙しなのでスタッフを増員して繁忙期を迎えるのですが、この時期は到底及びません。

 

場合によっては引越し業者に断られてしまうこともあるのです。

 

繁忙期は引越し費用が通常期よりも高めに設定されていますし、割引も期待できません。
そんな中でも少しでも引越し費用を安くしたいのであれば、早めに準備することをオススメします。

 

新居の住所が決まったらすぐに複数の引越し業者に見積もりを取りましょう。こんな時に一括見積もりが便利です。

 

繁忙期といえど、引っ越しの価格はどこも一律同じという訳ではありません。
早めに申し込めばそれだけ多くの引越し業者からの返事がもらえます。
しかし引っ越しギリギリになればなるほど1社減り、2社減りと最後にはとうとう1社も来ないという事態もあり得るのです。

 

これは繁忙期には限ったことではありません。
引っ越しは新居の住所が決まったらできるだけ早めに見積もりを取って、業者をおさえておきましょう。

 

 

引越し費用を安くする方法

 

引越し価格格安

 

引っ越し費用、結構高額になるので少しでも安くしたいけど具体的にどうすればいいかわからない。
引っ越し費用は、荷物の量に比例して高くなりますので、引越しにかかる料金を安くしたいのであれば荷物をできるだけ減らすことです。

 

上記したように、3月前後は繁忙期なので1年で一番引っ越し費用が高い時期です。
できるのであれば繁忙期の引越しは避けたほうがいいです。
どうしても繁忙期を避けられないのであれば、引っ越し先の住所がわかったらすぐに複数の引越し業者に見積もりを取って契約してしまいましょう。 

 

準備が遅くなるほど高い業者しか残らない傾向があります。

 

同じ様に土日祝日は引っ越し希望者が多いので、平日に比べると費用が高めです。
できれば平日に引っ越しするのがオススメです。

 

午前中にして荷物の移送を終わらせて午後からは荷解きをしたいという人が多いので、午前中は午後よりも高めです。
もし費用が安いことを重視するのであれば午後便、もしくは時間指定しないフリー便であれば割引があります。

 

長距離の引っ越しは単身コンテナ便や混載便を利用することで多少安くなります。
これらは荷物の量が多いと利用できませんので、お気をつけください。

 

このように引っ越し費用は、割引される日にちや時間を利用すれば安くすることができるのです。

 

 

引越しの手順をしっておくと便利

 

引越し 手順

 

引越しの手順を知っておくと便利なので、是非一度確認しておいてくださいね。

 

<引越しの1カ月前まで>
・現住所の大家さんや管理会社への退去連絡し、駐車場の解約も行う
・新居を決めて契約する。駐車場も新規契約
・引越しの日程を決めて、相見積もりを取って引越し業者を選ぶ

 

<1カ月〜2週間前まで>
・今すぐに使わないものを荷造りする
・粗大ゴミの処分や不用品の処分をする

 

<引越しから2週間〜1週間前まで>
・転出届けの提出、印鑑登録の廃止、など役所関係の書類を提出
・よく使う物も少しずつ荷造りしていく

 

<1週間〜3日前まで>
・インターネット、電気、ガス、水道などのインフラの停止手続き
・郵便物の転送手続き

 

<3日前〜当日>
・冷蔵庫の中身を処分し電源を抜く
・新居への移動方法を確認する
・新居の掃除を行う。

 

<引越し当日>
・引越し業者への家財の置き場所を指示したり、搬入物の確認
・荷解きと整頓
・新居こ゛近所への挨拶

 

<引越し後>
転入届、転居届、マイナンハ゛ーの住所変更、国民健康保険の加入手続き、印鑑登録、なと役所の手続き
携帯電話や銀行口座、クレジットカード、各種保険、免許証などの住所変更

 

いろいろあって大変ですが、時期によってするべきことが違うので先に知っておくと無駄がありませんね。

 

まず引越しが決まったら退去することを管理会社や大家さんに伝えてください。
入居した時に交わした契約書に「退去の場合は○ヶ月前に伝えること」という決まりがあるはずですから、可能な限り早めに伝えましょう。

 

次に引越し業者への見積もりですが、実は新居が決まってからでないと費用の算出ができません。
まず新居を探して、決まったらすぐに引越し業者に見積もりを依頼して料金やサービスを比較して、一番気に入った所と契約までしておきましょう。

 

不用品や粗大ゴミを処分するのは時間がかかるので、早めに取り掛かりましょう。
荷造りもあまり使わないものや季節外れのものからどんどんダンボールに詰めてください。

 

市外引越しの場合は転出届を、ほかにも役所関係の書類の提出、電気・ガス・水道・ネットなどのインフラの停止と料金の精算、そして郵便物の転送届を提出したら、あとはいよいよ引越し当日です。

 

当日は引越しスタッフに運搬はおまかせして、あなたは家財の配置を指示してください。先に決めて紙に書いて渡しておくと便利です。

 

引越し業者が運べないものがいくつかあり、貴重品や高級品、現金、通帳や印鑑、大事なデータ、遺影などは自分で管理してくださいね。
引越ししたら、空いた時間にご近所へ挨拶に行きましょう。

 

市外引越しなら転入届、同一市内の引越しなら転居届、いずれかを新居に最寄りの市町村役場に提出します。
ほかにも役所関係の書類があれば提出しましょう。

 

あとは銀行や運転免許証、パスポート、保険など住所変更が必要なものの変更しましょう。